ここから登録で3か月無料で音楽聴き放題

AQUOS sense3 basicをおばあちゃん用のスマホに購入

AQUOSsense3
のすけ
のすけ

新年あけましておめでとうございます!

2020年はブログを開設したものの、あまり更新する事ができませんでした。

2021年はブログ投稿を頑張って行きたいと思います!


今回はじゃんぱらの初売りでAQUOS sense3 basic (au版) が初売りで1万円で
販売されていたので購入・紹介をしていきたいと思います。

おばあちゃんのスマホが買え時

久しぶりに実家に戻った所、2016年11月9日に購入してセットアップした
HUAWEI P9 LITE の動作が少し鈍く、ぐるぐる(ロード)が
よく出てくるようになってしまったとの事。

4年使用していた事になりますが、
急に電池がなくなったりなどは無く私が見た感じ正常に動作しています。

当時、27,783円でAmazonで購入していました。

正常に動作していますが、この先何があるかわからないので
スマートフォンを買い替えたいと思います!

何のスマホにするか

今回、ケーズデンキやビックカメラなどの家電量販店の初売りで
スマートフォンが販売されていれば、並んで購入したいと考えていたのですが、
残念ながらチラシにSIMフリースマートフォンは掲載されていませんでした。

そこで、googleで「スマートフォン 初売り」と検索した所、
じゃんぱらの新春初売りセールの広告が出てきました。

https://www.janpara.co.jp/contents/cpn_newyearsale2021/

初めに目に止まったのがiPhoneSE2です。

私がiPhoneを使っているので教えやすいと言う理由と
iPhone SE2の場合ホームボタンがあるので、トラブルなどなにか起きた時に
ホームに戻ればなんとかなると言う使いやすさがあります。

https://www.janpara.co.jp/contents/cpn_newyearsale2021/

次に目に止まったのがAQUOS sense3 basicです。

こちらは楽天モバイルで販売されているAQUOS sense3 liteの廉価版のスマホです。
メモリがliteが4GBに対してbasicは3GB
ストレージがliteは64GBに対してbasicは32GB
basicは指紋認証無し、おサイフケータイ非対応
liteと比べると若干スペックの違いがあります。

iPhoneSE2とAQUOS sense3 basicで迷いましたが、
LINEとLINE電話、Yahooファイナンス、ニュースぐらいしか使用していなかったので
今回はAQUOS sense3 basicを購入する事にしました!

開店時間にじゃんぱらへ

じゃんぱらの公式サイトに売り切れ次第終了と記載があったので、
開店時間の11時前にじゃんぱら千葉店の前へ車で向かいました。

AQUOSsense3

並んでいる人はいませんでしたが、各色1台ずつ(計3台)しか用意がないと言う事で、
開店時間にじゃんぱらへ向かって正解だったかもしれません。

開封

今回購入したスマートフォンは未使用品で未開封品では内容です。

AQUOSsense3

なぜ開封されているのか質問した所「動作確認と初期化の為に開封しています」との事。
未使用であることは間違いないようなので購入しました!

AQUOSsense3

付属品はスマートフォンとクイックスタートガイドのみでした。
楽天モバイルから販売されているAQUOS sense3 liteの場合は
USBtypeCの充電器とACアダプタも付属しているようです。

外観

AQUOSsense3

上部はイヤホンジャックのみです。

AQUOSsense3

下部はUSBtypeC充電口とマイクがあります。

AQUOSsense3

左側面はSIMカードをスロットのみです。

AQUOSsense3

右側面は電源ボタンと音量ボタンがあります。

背面はカメラとライトがあります。

デュアルカメラとかでは無く、マークもないのでとてもシンプルです。

謎の保護フィルム

AQUOSsense3

開封した時から謎の保護フィルムが貼ってありました。
これはじゃんぱら、メーカ、仕入先どこが貼ったのかわかりません。

セットアップ

AQUOSsense3

初めにSIMカードの差し替えを行いました。
AQUOS sense3 basicはSIMピンを使用しなくてトレイを取り出せるので
楽にSIMカードの差し替えができました。

AQUOSsense3

セットアップを進めて行くとAndroid間でデータの移行
が出来るということなので使用してみました。

このデータ移行では元の端末に入っていたアプリは自動でダウンロードされ、
電話帳や写真などはGoogleのアカウントに紐付けされた
Cloud上にアップロードされている物は新しい端末で使用する事ができました。

LINEやYahooファイナンスなどログインが必要なものは
自分でアプリを立ち上げてデータ移行する必要があるみたいです。

AQUOSsense3

こちらが初期状態のホーム画面です。
AQUOS Homeというメーカー独自のランチャーが入っていました。

AQUOSsense3

前回のスマートフォンでNovaランチャーを使用していたので、
AQUOS sense3 basicのデフォルトランチャーをNovaランチャーに変更して
前のアプリの位置をGoogleドライブ経由で復元しました。

端末を変えても操作方法がなるべく同じになるように、
ボタンを従来と同じ表示方法に変更しました。

その他、APNの設定変更やLINEのセットアップを行いました。
旧スマートフォンで使用していたアプリケーションなど、
一括インストールができたので楽にデータ移行をすることができました!

Android 10 へアップデート

Android10へのアップデートが提供されていたので
Android9(Pie)からAndroid10へアップデートしました。

AUのシムロック解除版のキャリア端末なので
AUがどこまでサポートしてくれるかが重要になりますが、
長く使用できそうな感じがします!

終わりに

Amazonでガラスフィルムと手帳型ケースを注文したのですが、
実家ではなく、私の家に送ってしまったので紹介ができません・・・

注文し直したので到着次第紹介します!

最後まで閲覧ありがとうございます!

よろしければブログランキングボタンを押していただけると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました