新サイト「組み込みシステムの闇」はこちら

[ヤリスクロス]電動Pや車線維持機能搭載の小型SUV。カーシェアリング乗車記

この記事は約4分で読めます。
フロント

今回は郡山駅(福島県)でヤリスクロスを借り、154km走行したので乗車記録として残します。

タイムズのヤリスクロスのグレードは「HYBRID X 1.5L」です。郡山駅のヤリスクロスはE-Four(4WD駆動車)ですが、関東では2WD車しか見たことがありません。

(この記事は2023/9月に大幅リニューアルしました🚗)

🙇‍♂️広告失礼します🙇‍♂️

外観

まずは車の外観を見てみましょう!

ヤリスクロス フロント

今回の目的地はスパリゾートハワイアンズ(福岡県いわき市)です。割引を適応させるために途中で洗車と給油を行いました。フルサービスのガソリンスタンドにお願いをしたため、水分の拭き上げまで行っていただけました。過去の写真の中で一番ピカピカです。

ウィンカーやヘッドライトは豆球です

リア

シンプルでかっこいいです。最近流行りのテールランプが一直線に光そうなデザインをしていますが、一直線のテールランプではありません。リアワイパーの可動域付近は光りません。残念です。

サイド

サイド

ベースグレードのタイヤはプラスチックキャップです。ここは少し安っぽく感じます。

今回借りた車はサイドに大きなキズがついていました。同じステーションの別の車にも大きな傷がついており、地方の車は運転に慣れていない人が乗るのでしょうか??

リア

こちらは別の日に撮影した車両になります。以前紹介したヤリスより積載量があります。

内装・メーター

内装

早速乗車して、内装を見ていきましょう!

ヤリスクロスメーター

メーターは4.2インチディスプレイ+デジタル車速計です。シフトポジションと車速が左右に大きく表示されています。このメータはヤリスの「Z・Gグレード(タイムズのヤリスよりも上位グレード)」と同じメータを使用しています。

カーナビ

ナビ・オーディオはトヨタ純正7インチディスプレイオーディオ+ナビキットです。有線接続でのApple Car PlayやAndroid Autoが使用可能です。

トヨタ純正のナビ機能を使用している際は、メータの液晶ディスプレイに曲がる方向と曲がり角までの距離が表示されていました。

ステアリングスイッチ

真ん中の上下左右ボタンは、メータ内のマルチインフォメーションディスプレイを操作するのに使用します。トヨタ純正ナビを搭載しているため、左のステアリングスイッチでオーディオの操作も可能です。

運転支援機能

タイムズのヤリスクロスには「レーダクルーズコントロール」と「車線維持支援機能」がついています。この2つの機能を搭載していることで、高速道路上での運転がとても楽になります。

「車線維持支援機能」は白線の真ん中を走り続ける機能で、「レーダークルーズコントロール」は前車と車間距離を取りながら、車速を調整してくれる機能です。

電動パーキングブレーキとブレーキホールド機能

シフトノブ周辺スイッチ

タイムズカーのヤリスクロスは電動パーキングブレーキ搭載です。シフトノブを「D(ドライブ)」に入れると自動で解除され、「P(パーキング)」に入れるとパーキングブレーキがかかります。

ブレーキホールド機能も搭載しており、赤信号などでブレーキを踏み続けること無く、車両を停止させることが可能になります。どちらも嬉しい装備です。

今回借りた車は4WD車のため、真ん中に走行モード切り替えスイッチがあります。ダイアル右側の「トレイルモード 」は悪路を走行する際に使用します。

基本的に「NORMAL モード」を使用して走行します。

エアコン操作パネル・USB・シガーソケット

エアコン操作パネル

オートエアコンです。音量調整と風量調整はダイアル式の為、目線を大きく動かすことなく調節する事ができます。

エアコン操作パネル下のUSB端子はスマートフォンと接続することで、充電とApple Car Playを使用することが可能です。

また、12Vシガーソケット電源もあります。

カーシェアにオススメの充電器

今回紹介する充電器は短時間の運転で多くの充電をしたい人にオススメです!

安心・安全のAnker製、最長24ヶ月の製品保証付きです。

 

お手持ちのType-C USBケーブルで接続すれば30Wの急速充電が可能です!

カーシェアの車はUSBが無いケースやカーナビと接続されており、急速充電に対応していないケースもあります。

後部座席

後部座席

コンパクトSUVのため、後部座席はあまり広くありません。前席はヘッドレストが一体型のため、後ろへ乗車した人に圧迫感を与えます。(少し苦手な椅子です)

駐車

駐車時

後退時に駐車場の白線が見えないのは、駐車しにくい印象を受けました。

バックカメラ

バックカメラの白線はステアリング連動型です。こちらは良い装備です。

走行の感想と静粛性について

ステアリング

最後に154km走行した感想をお伝えしたいと思います。

ハイブリッド車のため、緩やかの加速を行えばとても静かです。高速走行時もエンジンを使用停止状態になるととても静かでした。トヨタのハイブリッドシステムは、EV走行率が他のメーカーに比べて高いと感じます。よくできたシステムです。

高速の合流などアクセルペダルを強く踏み込んだ場合はエンジンの回転数が高くなり、結構うるさくなる印象でした。

タイムズの「ベーシックカー」クラスで、電動パーキングブレーキと車線維持機能が付いているのは素晴らしい車ではないでしょうか。

ぜひ皆さんも借りてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました